無題ドキュメント
 

アロハシャツのルーツ

アロハシャツ

アロハシャツといえば、ハワイと答える方が多いと思います。日本でも購入できますが、本場ハワイに旅行へ行った際のお土産としても、いまだに強い人気を誇っています。しかし、そんなアロハシャツのルーツをご存じの方は少ないのではないでしょうか。

原型となったパラカシャツ

20世紀初頭にハワイへ移住した日本人がアロハシャツの原型となるシャツを着ていたとされています。現代では、世界でも豊かな国として知られている日本ですが、この頃はまだ貧しく外国で働くために移住した人も多くいました。その移住先の1つであるハワイでは、サトウキビ畑で働く方が多かったといわれています。当時のハワイでは「パラカ」と呼ばれているシャツを好んで着る方が多く、日本の着物に風合いが似ているため日本人労働者も好んで着ていました。そして、この「パラカシャツ」が今のアロハシャツの原型になったといわれています。

アロハシャツにおける柄のルーツは日本の着物!?

ハワイへ移住した日本人は、日本から持ち込んだ着物を大切に着ていました。しかし、何度も着まわしているとボロボロになってしまいます。貧しかった日本人は、その着物の使える部分を子ども用のシャツに仕立てていたといわれています。そうして作られた和柄のシャツは現地の人にも魅力的に映り、それを真似して作ったことがアロハシャツのルーツとされています。

アロハシャツの発展

ハワイが観光地化され、世界中の人に注目されるようになったことをきっかけにアロハシャツも発展していきました。特に航空路が発達したことで、様々な国の人がハワイに訪れるようになりました。そして、多くの人がハワイならではの雰囲気を持ったアロハシャツをお土産として購入したことで、世界中に広まったとされています。現代では、和柄のアロハシャツも増えており、日本だけでなく海外でも注目を集めているようです。

和柄のアロハシャツをお探しでしたら、是非弊社の通販をご利用ください。京友禅のアロハシャツを取り扱っており、和柄好きの方にも満足できる着こなしができると思います。メンズレディース、ユニセックスの商品を揃えておりますので、是非ご自分が気に入ったアイテムを探してみてください。

京友禅アロハシャツ・和柄ファッションの通販【PAGONG ネットショップ】 / 京都 概要

サイト名 PAGONG(パゴン) ネットショップ
所在地 〒615-0046 京都府京都市右京区西院西溝崎町17
電話番号 075-322-2391
メールアドレス netshop@pagong.jp
URL http://www.pagong-netshop.jp/
業務内容 アロハシャツなどの和柄ファッションの通販
説明 京友禅のアロハシャツや和柄のカットソーなどを通販でお取扱いしている【PAGONG(パゴン) ネットショップ】です。京都で1919年に創業した亀田富染工場が、日本に伝わる美しい文化・デザインをアロハシャツとして蘇らせました。アロハシャツは京友禅で職人が染め上げ、半袖は勿論、長袖もご用意しております。Tシャツやアウターといったメンズアイテムから、和柄ワンピース・チュニックなどのレディースのアイテムも取り揃えております。また、お土産やプレゼントに最適な和雑貨もご用意しておりますので、ごゆっくりとご覧ください。
会社名 株式会社亀田富染工場
日本
都道府県 京都府
市区町村 京都市右京区西院西溝崎町