シルクアロハシャツのお手入れ方法


シルクは繊維の女王と呼ばれる通り、その着心地、手触り、風合い、 光沢、色の美しさはすばらしいものです。その反面、とても繊細で手入れにはかなりの注意が必要です。


<洗濯について>

ドライクリーニングでお願いします。酸(汗)、アルカリ、日光(黄変しやすい) にとても弱く、水をくぐると縮みます。また、パゴンのアロハシャツは手染めであり、多少、色落ちが発生する場合があります。 ご自分で洗濯された場合、縮んでしまったとか、濃い色が他に移ってしまったとか言う声を耳にする事があります。洗濯の失敗を避けるためにもドライクリーニングをお勧めします。 着用されたあと汗がついたまま放置しておくと、トラブルの原因となります。汗は大敵です。風を通して乾燥させてください。汗が沢山ついた場合はクリーニングをしてください。 アロハシャツの下にTシャツなどを着用し直接アロハシャツに汗がつかないように工夫して着用されている方も多くいらっしゃいます。 また、雨に濡れたりした場合も、速やかに水気を拭き取り陰干ししてください。

 

<保管方法>

年間を通してアロハシャツを着用される方も多いのですが、夏が終わって次のシーズンまでお休みさせる方は、ドライクリーニングを必ずし、よく乾燥させてから保存してください。汗がついたまま片付けるのは厳禁です。 また、シルクはたんぱく質ですから、虫害にあいやすいのです。保存には防虫剤を入れるなどしてご注意ください。  

 

レーヨンアロハシャツのお手入れ方法


レーヨンは昔は人絹とも呼ばれ絹を目指し作り出された再生繊維です。ポリエステルなどの石油を原料とした化学繊維と違い綿や麻と同じセルロースで構成されており、加工処理したあと埋めると土に還るのも特徴です。吸水性があるうえ、肌にまとわりつかないので夏場にも最適な素材ですが、素材の性質上お手入れには注意が必要です。


<洗濯について>

Pagongのレーヨンアロハシャツはスポンジング加工はしておりますが、まったく縮まないわけではないのでドライクリーニングを願いします。酸性の液体に非常に弱く、例えばドレッシング等が付着したまま放置すると穴が開いたりする可能性もございますのでご注意下さい。また、パゴンのアロハシャツは手染めであり、多少、色落ちが発生する場合があります。 ご自身でお洗濯をされると縮みや、色移りの原因となりますのでお避けください。洗濯の失敗を避けるためにもドライクリーニングをお願いします。 着用されたあと汗がついたまま放置しておくと、トラブルの原因となります。汗がついた場合はクリーニングをしてください。 また、レーヨンは水に大変弱いため雨等にもご注意下さい。雨に濡れたりした場合も、速やかに水気を拭き取り直射日光避け陰干ししてください。
 

<保管方法>

年間を通してアロハシャツを着用される方も多いのですが、夏が終わって次のシーズンまでお休みさせる方は、ドライクリーニングを必ずし、よく乾燥させてから保存してください。汗がついたまま片付けるのは厳禁です。 また、レーヨンは化学繊維ではありますが、虫害の危険もございますので。保存には防虫剤を入れるなどしてご注意ください。  

 

カットソーのお手入れ方法


綿のカットソーは、できればドライクリーニングをお薦めします。ご家庭でお洗濯される場合は以下の点にご注意ください。

 

<洗濯について>

ぬるま湯で洗剤はおしゃれ着用で手洗いをして下さい。押し洗い、振り洗いをしてください。特に汚れがつきやすい部分はていねいにしてください。その後すぐに 軽く脱水してください。長時間水につけたままにしたり、塗れたままや汗がついたまま放置すると、濃い色が他の場所に移染するなどの恐れがありますのでご注意ください。また、長時間脱水するとシワができます。乾いてから、シワが気になる方は当て布をして中温のアイロンをかけてください。 これらを十分注意して洗濯してください。
 

<縮みについて>

定番のレディスカットソーの素材はお客様から絶大な支持を頂いております。 コットン100%の天然素材ですから洗濯されるとどうしても多少の縮みは発生します。この素材に使用している糸は強撚糸(糸を強く撚ってあります)のため水に濡れると縮みます。脱水後、丈を伸ばし気味に形を整えて陰干ししてください。とても伸縮性の優れたニットです。末永くご愛用ください。
 

<保管方法>

汗がついたまま保管するのは厳禁です。洗濯(又はクリーニング)したあと、十分に乾燥させて保管してください。  

 

 金属箔を使用した商品のお手入れ方法


金属箔を使用した特殊なプリント加工を施してありますので取り扱いには以下の点にご注意ください。

 

<洗濯について>

手洗いの場合は、ぬるま湯で中性洗剤を使用してください。

ドライクリーニングはできません。
箔が変色しますので、塩素系漂白剤はお避けください。
箔部分に直接アイロンをかけますと箔がアイロンに付着しますので、必ずあて布をし、低温乾熱でおかけ下さい。


 

<保管方法>

高温多湿やポリエチレン袋での保存は箔が変色したりツヤがなくなったりしますので、お避け下さい。
防虫剤やゴムなどを使用した製品との接触保存は変色の原因になりますので、お避け下さい。
単独保存をお願い致します。